つちうら総合会計梶@土浦 つくば 牛久 龍ヶ崎 戻る

経営分析値   目標数値 実績数値
目安となる数値

収益性分析

総資本経常利益率  経常利益÷総資本 10%超 使える総資本に対する企業の純粋な経営から生じた利益の割合
通常の会社の経営成績
総資本事業利益率
(ROA)
  10%超 株主、債権者の投下資本、融資に対するリターン率
自己資本利益率(ROE)   10%超 株主の投下資本利益率


売上高総利益率(荒利)   高いほどよい業種により異なる 主要なサービス、販売商品や製品の収益性が高いと高くなる。


売上高営業利益率   高いほどよい 商品能力+営業能力の通信簿
企業の本業でのもうけ能力
安全性分析

流動比率  流動資産÷
流動負債
最低100%以上
200%近くが望ましい
流動資産で流動負債をどれだけカバーできるかという短期的な返済能力

当座比率 当座資産÷
流動負債 
100%以上 棚卸資産は、販売活動をしないとお金にならないので純粋な意味での流動資産と言えないのでそれをのぞいた短期的な返済能力

流動比率と当座比率に大きな差のある会社は在庫過剰の可能性も

固定比率  固定資産÷
自己資本
100%以内
60%以下が望ましい
会社の固定資産が返済債務の必要のない自己資本でどれだけカバーされてるか
1

固定長期適合率 固定資産÷
(自己資本+固定負債)
100%以内 すぐ返さないでよい資金(自己資本と長期借入金など)で固定資産がカバーされているか



負債比率  負債÷
自己資本
100%以下 他人資本(借り入れなど)がどれだけ自己資本で担保できるか
当然少ない方がよい

借り入れ依存度   50%以下 借入金の依存度を示す通信簿
50%を超えて60%70%ぐらいまでいくと借り入れによる依存が大きい

自己資本比率   50%以上 
最低10%から20%以上
総使用資金のうちの自己資本に占める割合、担保されてるかを見る

インタレスト カバレッジ ラシオ  (営業利益+受取利息配当金)÷
支払利息・割引料
100%以上 経常的な利益で借り入れのための費用をカバーできないとまた借り入れにおちいる事になる
企業の借り入れなどによる債務リスクを表す

損益分岐点分析
損益分岐点売上高   損益分析点は損益がこれを越えると黒字けこれを超えないと赤字になるという重要な指標
なるべく低い方がいい
企業の販売、その他操業に係わらず出て行く費用(給料、保険料、減価償却、地代家賃などなど)を操業による利益をどれだけ出せばカバーできるかという重要メルクマーク

企業の採算点
これを知ることにより次の期の目標売上高を設定する事もできる。

固定費に希望利益を足せば、その利益を出すための売上高がでる

希望利益を出す目標売上高=
固定費+目標利益
1−変動比率

損益分岐点比率 損益分岐点売上高÷売上高  低いほどよい 損益分岐点が低いという事は操業に係わらず出て行く固定費の負担が少なく、少ない売り上げでも利益の出せる効率的な会社であるといえる

安全余裕率 売上高-損益分岐点売上高
÷
売上高 
高いほどよい 高ければ高いほど不況などで売り上げが減ってもやっていける力のある企業といえる
企業の収益構造の安全性の指標
これをあげるには固定費を削減するか
変動費を削減するか売り上げを増大するしかない。

経営レバレッジ係数   少ないほどよい 貢献利益の割合が大きいと大きくなる。
企業の中で固定費の利用の大きさを測る目安

売り上げがいくら増えれば営業利益がどれくらいになるかという未来予測にも使われる

営業利益の増減=
営業利益×売上高の増減率×経営レバレッジ係数
回転率分析

総資本回転率   多い方がよい 投下された資本がどれだけ効率よく運用しているかを意味する
重厚長大タイプの会社は概して回転率が少なく、コンビニや量販店のようなところは回転率、操業度で勝る

経営資本回転率   同上 本業である経営活動に利用されてる資本の効率の良さを表す
投資的なものを含まないので
本来の事業の効率を表す
売上債権回転率
  多いほどよい 多いほど売上債権の回収が早いので売上債権の資金繰りのよさを示す

少なくとも買い入れ債務回転率より多いのが資金繰り上よい
売上債権回転期間   短いほどよい 売り上げ債権期間が短い方がよく買い入れ債務回転期間より短いのが資金繰り上よい

買入債務回転率   買い入れ債務の支払い速度が速い事
資金繰り上は売上債権回転率より少ないのがよい

買入債務回転期間   売上債権回転期間より長いほうが資金繰り上よい
棚卸資産回転率   多いほどよい
1ヶ月以内なら優秀
回転率が多いほど棚卸資産が在庫としてとどまらずスピーディに売れてることを表す
薄利多売な量販店などは当然多い

棚卸資産回転期間   短いほどよい 棚卸資産がどれほどよく売れてるかを表す指標。
売れ残り在庫になる確立のない回転期間の短い商品は売れ筋なので追加発注する

キャッシュフロー分析

キャッシュフロー比率   高いほどよい
負債を何年で返せるかの指標
高いほど債務返済能力があると見る
自由資金比率   0.6以上 どれだけ投下した資本で、現金を生み出す能力があるかを示す

付加価値分析

労働分配率  人件費÷付加価値額
0.5未満 業種により異なる

余り高くないほうが経営上はよい
会社内部で産みあげた利益をどれだけ人件費にさいてるかの指標

労働分配率の低いという事は裏返せば機械化、効率化が進んでいて粗利益の落ちた場合の不況に対する耐性がある会社

その他の分析
ABC分析 Aグループへのサービス目標




Bグループへのサービス目標



Cグループへのサービス
目標


主に在庫または顧客管理に利用される。
RFM(最近か、よく買うか、金額が大きいか)分析とともに顧客差別化に利用する

売り上げの多い顧客、商品から順に70%のグループをA、その次の20%売り上げをしめるグループをB最後の残りのグループをCとして売り上げの多いAのグループの在庫管理は定期発注方式できめ細かくやる

値下げする時もこのAグループはなるべくのぞく。

パレートの法則(20%80%の原則とよばれ20%の顧客(商品)で企業の80%の利益を稼ぐ)
として注目され顧客志向(リレーションシップマーケティング)とあいまって重要な分析